らいむす企画は、神戸の編集オフィスです。料理レシピ本など実用書の企画・制作全般と、旅行・店などの取材執筆をしています。ギャラリースペース rai.box(ライ・ボックス)では、展覧会とスペースレンタル、本の販売を行っています。


raims planning/らいむす企画editorial report/編集レポートrai-box/ギャラリースペースtopics/らいむすブログ

ギャラリースペース rai.box

編集オフィス らいむす企画内のギャラリースペースとして運営していましたが、2012年5月末閉廊しました。このページで展覧会等の過去の記録をご覧いただけます。
ENTRY LIST
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 福田十糸子展「街呼吸」は終了しました | main | 本日6月4日スタート >>
6月の展覧会のお知らせ
橋本奏子 個展
「close clothes, open」

2010年6月4日(金)〜8日(火)
11:00-18:00(金・土曜は19:00まで)

所在地・交通→gallery space rai.box
作家は全日在廊予定

close clothes, open
                        (C)Kanako Hashimoto

artist's statement
些細なこと 日常的に見ることの中にも
強く感じられることを表現したく 制作をはじめました


窓から見える景色や、時間とともに変化し入ってくる光や温度の量を
自由に調節できるカーテンを衣服のキャンパスと捉え、
窓の先のものを映しとります。


profile
橋本奏子 はしもとかなこ
1986年神戸生まれ。神戸と名古屋に育つ。神戸芸術工科大学デザイン工学部ファッションデザイン学科卒業後、同大学院に進学。現在総合デザイン専攻修士課程に在籍し、衣服を制作している。
2009年グループ展「休息の家 休息の夢」


ギャラリーより
橋本奏子の初個展。現在、神戸芸術工科大学大学院で学ぶ彼女は、衣服の可能性を追求するだけでなく、衣服を通し外の世界へアプローチしているようです。衣服への愛情は、日常の暮らしへの愛着、私たちが生きる世界の賛美へと広がっていきます。キーアイテムはカーテン。衣服=布=カーテンで区切られる内外の世界に着目し、過去にもカーテンと衣服の融合を試みています。
本展では、「日常の中にある些細なことに美しさや人の優しさを感じると、気持ちが潤い満たされます」という彼女のみずみずしい視点によって切り取られた世界が、カーテンという名の衣服のキャンバスに現れます。カーテンを閉じた時に開かれる橋本奏子の世界は、カーテンすなわち衣服が世界をつなぐアイテムとなる可能性、世界を身にまとうことへの試みといえるでしょう。
2010年の展覧会 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント▼

投稿する▼








トラックバック▼
トラックバックURL:http://rai-box.raims.info/trackback/1230621